こるりうちゅう

こるりん べるりん こるりうちゅう むちゅう♪ ばんちょう やおちょう すてぃーるぱん ピザぱん♪

パン、ローカライズ!&パンカニ孝

f:id:korurie:20190916210529j:plain

パンカニの達人シェフによるジャパニーズトリニフード気仙沼スペシャル”ベーカンシャーク”!

 

パンカニ、観に行くだけじゃなくて、急遽ステージで演奏までさせてもらえて、

 

今年が、今の須磨海浜公園でのラストパンカニだったそうで、

 

須磨海岸ありがとーーーーーーーーーーーーー!!!

 

って気持ちを共有できて、

 

ほんとに光栄でした。

 

 

m.facebook.com

 

なにが光栄って、わたしのアレンジした曲を2曲も演奏してもらえて、わたしはパンをはじめた頃から目標は『アレンジャーになりたい』、このひとつだけ!だったので、

 

その目標がいつのまにかかなってて、バンドを辞めた今でもアレンジャーっていう立場がまだわたしに残ってくれていることに、救われる思いです。

 

パンドルのキャプテンはステージで、曲のこととかほぼ語ってくれなかった(^_^;)のにも関わらず…(二ノ宮千紘さんのアレンジした”アイランド”含め、だいじょうぶか?もっと聴く人にわかりやすく解説しとくことあるやろ??と内心ヒヤヒヤしましたが…)

 

パンドルの出番が終わってから、知ってる人や知らない人や久しぶりにお話しする方々からも、アレンジがすごい!アレンジが面白い!!インパクトあった!!!というお褒めのお言葉をたくさん頂いて、

 

なんや伝わってるんや〜って、演奏だけで伝わってるってスゴいなーって、ほんとに、逆にオドロキました。

 

実は、パンカニ当日の朝になって、パンドルのメンバーから”よりリアルな阿波踊りに近づける”提案があってアレンジが変更になったり、わたしの希望通りではない構成で演奏しなくてはいけなくなったり、完全な完成形ではないちょっとバタバタな「ガンジス&ナイル」だったのですが、

 

新しいものが生まれる瞬間には、エネルギーがある。

 

演奏しながらそのパワーをひしひしと感じてたので、それが観客にも伝わったんだと思います。

 

パンカニのお客さんは、良くも悪くも一般客じゃなくて、パンやってる人、パンを知ってる人だから、わたしのやりたいことがなんのことか、ちゃんと理解できる人がたくさん集まっていたんだと思います。

 

いちばん面白いって思ったコメントが「ローカライズするって大切」っていう言葉。

 

パンドルは徳島のバンドだから、徳島に因んだ曲をやりたい。デビッドラダーの名曲「ガンジス&ナイル」と阿波踊りのためのダンスミュージック”よしこの”の名曲「吉野川』を”融合”させてほしい。って、依頼が来たのはもう3年くらい前で、

 

そんな無茶振り(>_<) …”川”つながりなだけやん、マジなにそれ??って思ったけど、

1.まったく違うリズムパターンを融合させるワンアイディアの発見!?

2.文化の盗用(cultural appropriation)…”やらかし”ちゃわないかの恐怖とのたたかい

3.イメージじゃないリアルな阿波踊り文化とよしこのの研究

 

っていう3つのステップを乗り越えて、ようやく出来上がった苦心の作。

(閃き重視でアレンジすることが多いからこんなに時間がかかったのは初めて)

 

それを、パッと聴いて、

 

これは、スティールパンで演奏する曲(ソフト面)をローカライズしてるロールモデルなんだ!って気づいてくださって、言語化していただけたのは、わたしにとってもうれしい気づきです。

 

ティールバンドで演奏する曲のアレンジは、地域にローカライズするだけじゃなく、個人とか、今この瞬間とか、演奏する側に焦点を当ててアレンジされていて、それがスリリングさを際立たせてる最大の魅力とも言えるので、

 

もしそのことに日本のパンが気づいていけば、もっと面白くて、パンカニも、パンフェスも、もっともっとエキサイティングで目が離せないものになると思います。

 

とは言え、

 

今年の出演バンドで、なにそれつまんねー…みたいなバンドってほんと減ったなーって思います。とくに今年はそれぞれのバンドが、ガッツリ聴かせる系の曲を用意して聴きごたえがありました。叩き終えたみなさん、それぞれのバンドの”やりきったーっ”ていうドヤ顏が印象的でした。

 

そして、午前中のアスタ新長田スティールパン振興会のスクール生の演奏も、往年のブラッドリーの名アレンジ!を演奏してたり、エンジンルームクラスの演奏も、多少日本人っぽいモッチャリさを拭い去れずにいるながらも、かなりトリニのリズムセクションに迫ってきて、これも去年よりぜんぜん聴き応えがありました。(来年はトランペットを入れて更にトリニっぽくショウアップしてほしーです)

 

出演者も参加者も、ある程度パンカニでどうアプローチするか、パンカニをどう乗り切るか、パンカニをどう楽しむかに慣れてきて、プロデューサーみたいなヒトが方向性を決めなくても勝手に方向性が決まってくる、それが今のパンカニの良いところでもあると思います。

 

ただ、このまま内向きなイベントのままなのはもったいないって思います。

 

一般向けの事前の情報発信は去年よりは改善されてるようですが、まだまだ一般のフェスとか注意事項が必要な長時間イベントに比べたら足りなすぎる気もします。

 

 

須磨海浜公園が改修工事に入るので、

 

来年の会場は、あの鉄人28号前の広場に決定しているそうで、

 

生まれ変わるチャンスを迎えた来年のパンカニが、どんなふうになってしまうのか?!

 

楽しみにでもあり、不安でもあり、ピクニックできなくなっちゃう寂しさも…、

 

イベントが終わる頃にはみんな”パン友”!みたいなこの伝統だけは、守り続けてほしいなーって思います。

 

 

イマイチな文化交流に終わらないために…その6.


UTT PAN PHOENIX IN KINTETSUNARA

 

今回のイベントでは、日本人側がなるべく英語で喋っていただけでなく、

 

トリニダード・トバゴから来たUTTパンフェニックスも、

 

曲紹介やメンバー紹介はすべて日本語で行っていました。

 

UTTの先生、ミアさんは学生時代2年間も外国語として日本語を学んでいたそうです。(知らなかった〜)

 

だから、なんかわけのわからない呪文を言わされてるかんじじゃなくて、

 

日本語学習者のビギナーさんが、いっしょうけんめい喋ってるかんじでとても好感がもてるのでした。(これは日本人ウケする、日本のテレビを観てても日本語を話す外国人だらけだし…)

 

選曲も、テレビを観てるようなごく一般的な世代に向けて、日本の歌謡曲や懐メロも含めたふんわりした選曲が多かったように思います。

 

いちばん印象に残ったのが↑この曲、いかにも大学の課題っぽい曲ではあるのですが、

 

冒頭1分くらいの圧巻の魅惑のソロでギューっと引きつけておいてからーの、

 

途中、コミカルなかんじで観客を巻き込んでリズム遊びをする、

 

そのギャップが面白かったし、

 

わたしたちはクラシックがカリビアン風のエンターテイメントで少しコミカルに演出されるカリビアンマジック的なアプローチに、多感な頃に衝撃を受けてスティールパンを始めているし、最近飢えてるし(笑)、なんかなつかしーってギュっと心を鷲掴みにされちゃうし、

 

なによりも、彼らの、音楽を届けよう、音楽でコミュニケーションを取ろうっていう、

 

その素晴らしいコミュニケーションに対する姿勢に、心を打たれずにはいられませんでした。

 

 

 

彼らの活躍は大手新聞でも取り上げられ↑ トリニダード・トバゴスティールパン=クリーンな好印象として、記憶に残すことができたんじゃないかと思います。

(じつはいろいろあるけどキッパリ切り離せてるところがUTTの学生としての強み…)

 

この近鉄駅前のステージでも、多くの外国人観光客が足を止めて彼らの演奏に魅了されていました。

 

日本人でもかつて、ニューヨークの地下鉄で、はじめてスティールパンの演奏を観たり聴いたりしたことがきっかけでパンをはじめる人が少なからずいたので、

 

もしかしたら将来、アジアのどこかで何かが生まれるかもしれない、そのキッカケを作れたかもしれないと思うと、

 

彼らの来日による波紋は、来年のオリンピック/パラリンピックに、そして未来に、アジアへと無限に広がっていくかもしれないなと感じました。

 

たった1週間ほどの来日でしたが、大活躍の彼らに心からの賞賛をおくりたいと思います。

 

来てくれてありがとーーー♡

 

f:id:korurie:20190907235104j:plain

ジャパンツアーおつかれさまでした!

 

イマイチな文化交流に終わらないために…その5.

f:id:korurie:20190907230504j:plain

地元のおばあちゃんに話しかけられて受け答えするカデッシュ(コミュ力高い系トリニボーイ)


英語での会話といえば…

 

土曜日の夜に居酒屋で行われた歓迎会で、

 

安里くんからベースのカデッシュへの質問、

「パノラマのときと、小編成のアンサンブルのときと、叩き方変えてると思うけど、どう変えてるの?」

 

と、安里くんはきっとテクニック的なことを聞きたかったんだと思うけど、

 

カデッシュは、

「パノラマの音楽は放射するようにできてる、広がっていくように出来てるから外に意識を向けて叩くけど、小編成のアンサンブルは、音をひとつにするように出来てる、だから音がひとつになるように意識して叩くんだ」と、

 

テクニック論とも取れなくないけど、ほぼ精神論みたいな、

 

わたし的には、こんなとこで(場末な居酒屋で笑)名言出ちゃいました!!みたいな、

 

その受け答えの賢さとブレのなさに驚かされてしまいました。

(二十歳そこそこっすよ、彼らは…)

 

その言葉はきっとケデッシュ(カデッシュ?)だけの言葉じゃなくて、

 

トリニダードのパンマンたちは、たぶんそうやって育ってきてるんだと思う。そういうマインドを代々受け継いで育ってきてるからこそ、

 

スッと、そんなかっこいい言葉が出てきちゃうんだと思う。

 

かたや、名古屋パンソニードのリーダー、アニ氏の質問、

「最新のソカでグルービーじゃなくて、昔みたいなゴリゴリなソカをパンでやりたいけど、誰のどの曲やったらいいかわからない、オススメを教えてほしい…」

 

これに答えたミアさんは、

「新しいソカ、パワーソカもアイワージョージみたいなのじゃメロディがなくてパンにはなりにくいから、よーく考えなくちゃダメ」

 

…、まー、ここまでは模範解答なんだけど、

 

加えてアニ氏からの質問「メロディがなくても歌詞がわかってたら楽しめるんじゃないの、ソカのリズムで…」に、ミアは、

 

「歌詞わかってても、意味わからんってことあるよ、アイアンラブとかぜんぜんワケわかんない笑」って言ってて、

 

おーい、トリニダード人でもわからんのんかーいっ(^_^;)って、めっちゃ突っ込みたくなりました。

 

たしかに、韻を踏むためだけの歌詞って日本の歌にもあるよ、それってワケわからん、たしかに共感できるなー(笑)って思ったり。

 

トリニダード・トバゴ人と居酒屋で飲んだくれてなんだかんだハナシするとか、なかなかないでしょう?

 

だから、これもまた貴重な国際交流の場なんじゃなかろうかと、それに貢献できたいのではなかろうかと、シラフのわたしは客観的に思ったのでした。

 

(奈良に地震が来るんじゃないかと心配になるくらいどんちゃん騒ぎしてしまいました笑…、スミマセンでした)

 

イマイチな文化交流に終わらないために…その4.

f:id:korurie:20190907212323j:plain

小鼓にチャレンジするUTTの先生ミアさんと、英語で伝統文化を紹介してくれた地元の高校生と小鼓の先生

 

午後からのイベントスケジュールとして、

 

地元、奈良県田原本町の小鼓と能楽を学んでいる子供たちと先生との交流会がありました。

 

とくにドラムを担当している通称”慎之介”ことトリ二ダード人のラミュエルは、日本の太鼓に興味深々で、

 

慎之介「これってカタチがそっくりだけど、トーキングドラムに影響されてるんだよね?」

 

わたし「それはないと思うで、アフリカってめっちゃ遠いもん、言いたいことはわかる、サイズもカタチもそっくりやね…」

 

慎之介「叩き方がタブラみたい、同じ方法で音を出してるみたいだけど…」

 

わたし「それは、影響されたかもしれない、昔の日本はインドに影響されてるよ」

 

とか、リアルタイムで会話しながら伝統文化の紹介を体験できて、「ほー、そういうとこに着目するのね、打楽器専攻の大学生は…」などとあたりまえに感心したりして、わたしにとっても印象深い(通訳おもしろいわーっていう)貴重な体験をさせていただいたなって思います。

 

能楽を説明してくれた地元の高校生も、小鼓のレクチャーをしてくれた先生も、みなさん英語でスピーチを準備していて、英語の質問にも、ほぼ通訳を介さないで受け答えをされていたことにも感心しました。

 

昨今、英語のスペシャリストの出番は減って、各分野のスペシャリストが自ら英語を話す時代であることや、

 

英語を学ぶより、英語で何かを学ぶ時代になっている、

 

そんなことを日々実感する英語学習者のひとりとして、この取り組みはとても共感できるし親しみが持てるものでした。(英語話者が英語以外を喋られると疑念をいただくっていうか居心地は良くなさそう(ワガママ!)なので、最高のおもてなしだと感じます)

 

そのあと、UTTパンフェニックスによるスティールパンワークショップには、能楽を披露してくださった子供たちや、トリニダード・トバゴスティールパンプレイヤーに直接パンを教えてほしい、彼らの手元を間近で観てみたい!っていう参加者さんたちで大盛況でした。

 

そして、2回目のワークショップもこの調子で…って思ってたら、なんと彼らはオリパラ事務局の別のスケジュール(国宝のなんとか太皷を観に行くツアー…?)に参加するとのことで、

 

オーノー、2回目は日本人のスタッフだけで仕切らなくてはいけないことになってしまいました。

 

そしてUTTのメンバーが現場を去ると雨がだんだん強まって、

 

雨の中、テントの下ののスティールパンワークショップとなってしまったのです。

 

 

 自分たちがスタッフだったので写真も動画もなく…、またもやワークショップ参加者さんのインスタ動画をお借りしています(^_^;)

 

こんな雨の中、人が集まってくれるのか心配でしたが、、、

 

お客さんの呼び込みも、ワークショップも、英語と日本語と両方でできるので、さすが外国人観光客の多い奈良だけあって、日本の方だけじゃなく、いろんな国の参加者さんがスティールパンを体験してくださったのも嬉しかったです。

 

↑の動画のヒジャブの女性はマレーシアから観光で来られたそうです。

 

アジアにパンを広めたいけど、日本以外のアジアにパンがなかなか広がっていかないもどかしさを常日頃から感じていたわたしは、日本にいながらにしてもパンをアジアに紹介できる可能性を感じてしまいました(大げさ??笑) 

 

国際交流、文化交流において(流暢でなくてもぜんぜんいいから)、英語で、自分で話すことで交流も深くなる。そんな大切さを学ばせていただ1日でした。

 

イマイチな文化交流に終わらないために…その3.

f:id:korurie:20190907195537j:plain

出番を待つUTTパンフェニックスのメンバーたち


そしてイベント当日!

 

真夜中に、奈良教育大学でのリハーサルで変更された点をまとめた楽譜をパソコンで打って、撮った動画をYouTubeにアップロードするまでをわたしが担当して、

 

早朝にUTTの大学の先生、ミアゴーマンディさんがわたしの譜面をチェックして、

 

それを当日の朝、#ASALOGの安里先生がコピーして名古屋、神戸、大阪の参加メンバーに一斉に配布するだけでなく、前日の夜中にリハーサルの要約をまとめた文章をSNSで関係者にもれなく送ってくれたりもして、

 

素晴らしい”ラストラップ”、トリニダード・トバゴの陸上リレーチーム(実は世界的強豪チーム)もビックリのチームワークぶりを発揮して、

 

当日朝の、全体練習での混乱を、最小限に抑えることが出来ました。

 

 

 すみません、出演者だったので写真も動画もぜんぜんなく、観に来てくださった見知らぬ方のインスタをお借りしております… この曲、サヴァンナグラスで小雨の止み、その後しばらく快晴に!!そんな晴れ女(晴れオトコ)ぶりが伝わる演奏です。

 

 心残りなのは、参加してくださった日本のパンマン、パンプレイヤーさんたちが、挨拶もそこそこに、オフステージでUTTメンバーとあんまり交流できてなかったんじゃないかなーっていうこと。みなさんシャイなので、いっしょにお弁当食べたりも出来たのになんとなく離れて食べてたりして、そこは、通訳ボランティアとして参加してるわたしが交流を促すべきだったのかなーと反省しております。が、

 

ステージの上では、音楽っていう世界共通言語で繋がることができたので、

 

それはそれで疑う余地のない瞬間だったので、

 

わざわざ遠くからボランティアで参加してくださった みなさんが、

 

トリニダード・トバゴのヴァイブスと一体感を、

 

ギュっと想い出としてそれぞれ持って帰って頂けていればなーと願っています。(今度ぜひ感想やら奇譚なきご意見やらを聞かせてください / UTTサイドも気にしております)

 

イマイチな文化交流に終わらないために…その2.

f:id:korurie:20190907185803j:plain

コンガのレッスンを受ける奈良教育大学の学生さん


イベント本番の前日、奈良教育大学の構内で吹奏楽部のみなさんとの合同リハーサルがありました。

 

平日の夕方なので学生と関係者のみで行われたのですが、できれば関西でスティールパンをしている人も、可能なら参加しておいたほうがよかったんじゃないかと思う、音楽に対する姿勢を学べ、肌で感じることのできる、素晴らしいリハーサルとなりました。

 

We are the worldを通すところから始まったのですが、はじまってすぐに、あ…、わたしのもらった楽譜と違うやん…って思って、内心ひとりでサーッっと青ざめてしまいました。

 

そしたら、わたしだけじゃなくって吹奏楽部の人たちも違う楽譜で練習していたらしく、①こんな速いテンポで演奏すると思ってなかった、②わたしが持ってるのと同じシンコペーションしないテナーのフレーズで練習していたらしく、

 

さらに、、、練習がすすむにつれて最悪の瞬間が待ち受けていたのです…!!

 

転調後のキーが違う!!!

 

ブラスバンド部の部室が一気にスティールパン吹奏楽との不協和音で満たされてしまいました…

 

なに??どうゆうこと???

 

わたしたちは半音上がったEに転調する予定だったのですが、吹奏楽部の人たちは別の調に転調(もしかしたら転調しない楽譜だったのかも…)する楽譜で練習していたようです。

 

今日、練習に参加できなかった関西と中部のスティールバンドのメンバーも、翌日の本番には一緒に演奏をする予定になっています。

 

ふつうだったら、日本人だったら、

①今更変えられない

②本番までの時間がない

③予定外のことはリスクが高すぎるから避けるべき

という共通認識で一致して、そちら側に流れていくと思うんです。

 

つまり、転調しない、しかもテンポもゆっくりでソカのリズムもない、シンコペーションもない、日本でいつもやってる音楽に、トリニダード・トバゴからわざわざ来たゲストにも合わせてもらう。

 

でも、今回はそうはいかなかった。プロデューサーでくっついてきた渡辺ようさんがそうはさせなかった。

 

① せっかく交流してソカっていう彼らのリズムでいっしょに音楽を作ろうとしてるのに!と、吹奏楽部の指導者の方を説得して速いテンポに合わせてもらって、

 

吹奏楽部のメロディを吹いてる学生さんたちと、ミアが叩いてるシンコペーションの強いフレージング(日本人には馴染みがないけど彼らはすべてがシンコペーションしたりアンティシペーションしたりする…それにわたしも毎回現地で振り回され悩まされてる…)を耳コピして譜面を手書きで書き直してもらったり、

 

③転調部分はイチから、お互いに転調しやすいキーをいろいろ試して探すことに…

 

もしかしたらこれがほんとの国際交流のあるべき姿なのかもしれません、これがベストじゃないけど、これもひとつの方法だと思うんです。お互いの文化を一方的に学び合うだけじゃなくて、

 

お互いの違いに気づいて、そこから新しいものを練り直し、完成させるっていう、

 

そのプロセスが体験できただけでも、お互いの楽譜に相違があったことが逆にラッキーだったんじゃないかとさえ思えました。

 

トリニダード・トバゴ人は”ラストラップ”って言って、土壇場に強い人たちです。最高の演奏をするために最後の最後の最後まで(笑)変更を加える人たちなので、こんなプロセスは日常茶飯事だったでしょうが、

 

急にいろんな要求をこなさなければいけなくなった学生さんや、柔軟に変更を受け入れてくださった日本人側の指導者のみなさんには本当に感謝です。

 

更にもう1曲、銀河鉄道999を吹奏楽部のみなさんがソカのリズムで演奏するっていう趣向にもチャレンジして、素晴らしい仕上がりになりました(動画ないのが残念…)

 

3時間ほどの短いリハーサルでしたが、磨き上げられた最後の通し練習の様子を動画で↓ご紹介しています。(ジンバルなしで携帯であわててとったので最初のほうだいぶ手ブレしてますが…>_<)

 

 


We are the world / UTT PAN PHOENIX+NARA UOE brass band

 

 

イマイチな文化交流に終わらないために…その1.

 

f:id:korurie:20190907151436j:plain

UTT PAN PHOENIX

 

オリンピックパラリンピック関連のイベントのために、トリニダード・トバゴの大学生と先生のグループが来日しました。

  1. 原宿よさこい
  2. 高知(の中土佐町トリニダード・トバゴ選手団のホストタウンに選ばれた記念)
  3. 春日野音楽祭のオープニングゲスト

 この3つのイベントで演奏するため、だったのですが、

 

オリンピック関連のイベントということで、見えないところの国際交流スケジュールがギッシリなのに驚かされました(皇室の訪問とかを彷彿させます…)

 

まず、ちょっとかわいそうじゃないかなーと思ったのが、1日3食とも日本で食べられるふつーのもので特別に用意された食事じゃ全然ないってこと。イベントに出るふつーの仕出し弁当+お箸(スプーンもフォームもついてない!!)とか、コンビニ弁当とか、レストランで洋食とか食べるときはちょっとトリニ寄りだけどタバスコくらいしか辛いソースはないし、居酒屋の謎な惣菜も食べなくちゃいけない… あの年代のトリニダード人だったらちょっと耐えられないんじゃないかなって思うけど、

 

すべてがオリンピックの予行演習の役割があって、なるべく特別なことをしないようにしていたそうです。彼らも、国際交流の名目で招待されてるってことをちゃんとわきまえてるのか、誰一人文句も言わずにお箸で器用にご飯を食べてるのがオドロキでした。 

 

今回、はじめて通訳ボランティアで参加させていただいた3日間の様子を、数回に分けてリポートします。

 

f:id:korurie:20190907165407j:plain

お箸を器用に使いこなすUTTの大学生くん